歌手

秋山黄色の高校は宇都宮市のどこ?中退した専門学校も調査!

2021年3月26日

スポンサーリンク

「モノローグ」「アイデンティティ」、「夢の礫」など、様々なヒット曲を生み出している秋山黄色さん。

秋山黄色さんは、2018年に現れたとおもったらまたたく間にSpotifyバイラルチャート2位を獲得。

メディアなどの出演はほとんどなく、謎に包まれていることが多く、気になってる方は多いのではないでしょうか。

今回は、

  • 秋山黄色さんの中学や高校はどこ?
  • 専門学校中退の学校名は何?

をご紹介します。

秋山黄色のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

秋山黄色(@akiyama_kiiro_)がシェアした投稿

  • 名前:秋山黄色
  • 本名:不明
  • 生年月日 1996年3月11日
  • 出身地 栃木県宇都宮市
  • 好きな色 赤色
  • 片頭痛持ち
  • 鼻炎なのでティッシュは必須
  • 専門学校中退のフリーター

 

秋山黄色の経歴は?

  • 2017年12月 宇都宮と東京を中心にライブ活動を開始
  • 2018年6月 1stシングル『やさぐれカイドー』を配信リリース
  • 2019年1月 ミニアルバム『Hello my shoes』を発売
  • VIVA LA ROCK 2019、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019、SUMMER SONIC 2019といった大型音楽フェスに出演
  • 2019年4月 『クソフラペチーノ』リリース
  • 2019年6月 『クラッカー・シャドー』リリース
  • 2019年8月 『夕暮れに映して』リリース
  • 2019年9月 東京・TSUTAYA O-Crestで初のワンマンライブ『登校の果て』を開催
  • 2020年1月 カンテレ・フジテレビ系で放送中のドラマ「10の秘密」の主題歌となる『モノローグ』を書き下ろし、2月に配信

作詞作曲はもちろんですが、ジャケットアートワークなども秋山黄色さん自身がこなすマルチアーティストです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aya(@aya.012378)がシェアした投稿

絵まで描けてしまう秋山黄色さん。

ますます何者なのか気になりますね!

なぜ絵が描けるのか?そのルーツを辿っていくと中学時代に関係がありました。

秋山黄色は本名?名前の由来は?

「秋山黄色」は本名ではありません。

  • 秋山は母方の旧姓
  • 黄色は子供の頃のあだ名

ということをインタビューで話しています。

ちなみに、黄色は秋山さんの中でかなり嫌な色なのですが、なぜ嫌いな黄色を自身の名前に付けたのか。

気になる方は、こちらの記事に書いています。

秋山黄色さんの本名については、こちらの記事にまとめています。

また、1分でわかる秋山黄色さんについては、ご本人がこんなツイートをしています。

秋山黄色の中学は宇都宮市のどこ?

秋山黄色さんの出身中学については、情報が全く見当たりませんでした。

出身が宇都宮市ですので、宇都宮市の高校なのかもしれません。

ちなみに、宇都宮市の中学はこちら

ちなみに、部活動は美術部でした。

ジャケットアートまでこなせるのは、中学時代に美術部だったからなのですね!

秋山黄色が音楽を始めたきっかけは中学時代?

秋山黄色さんが、音楽を始めたきっかけとして、

バンドのエレキギターを見て、その後ドラムに憧れた!

というもの。

中学の頃に聞いていた「けいおん!」でドラムまでのつなぎとして、ベース担当秋山澪ちゃんにの影響で3万円のベースを購入!

実際に、ベースは1週間で辞めてしまい、インテリア化。

ですが、秋山黄色というアーティストが生まれるキッカケになったことは間違いありませんね。

秋山黄色の小学校は?

同じく、秋山黄色さんの出身小学校も明かされていません。

宇都宮市の小学校はこちら

本名を明かしていないので、小学校や中学校がわかってしまうとどんどん身バレしてしまうことになります。

前髪で顔を隠して、本名とは違う「秋山黄色」として活動していますので秋山黄色さんにとって、本名の自分とは別人格として扱っているのかもしれませんね。

秋山黄色の高校中退した専門学校はどこ?

秋山黄色の高校は宇都宮市のどこ?中退した専門学校も調査!

秋山黄色さんは、高校を中退しています。

上京しているのかな?とも考えたのですが、秋山黄色さんが学生時代に作った曲に「とうこうのはて(登校の果て)」という曲があります。

学校生活に対して、鬱のような心のモヤモヤを表現していますので、キラキラした学生生活を送っていたわけではなさそうです。

高校を中退しているということは、あまり目標もなくとりあえず高校に通っていたのかもしれません。

そう考えると、地元の宇都宮市の高校に進学した可能性が高いのではないでしょうか。

宇都宮市の高校はこちら

シンガーソングライターになるために高校中退?

高校1年生の頃に、祖母が買ってきたギターでスピッツの「チェリー」が弾けるようになり、この替え歌を友だちに聞かせていました。

これが、秋山黄色さんがオリジナル曲を作るきっかけになったのかも。

時に高校生の時は「ニコニコ動画」がとても盛り上がっている時期であり、

そのため「〇〇弾いてみた」などに憧れ、楽器にハマったと言う秋山黄色さん。

さらに、Skypeをつかって友達と話すことにハマり、

もっとマイクを良いものに変えたい→コンデンサーマイク購入

コンデンサーマイクに付いていた作曲のソフトで、ベースの録音を初めたことがシンガーソングライターへの道のきっかけとなったとか。

 

そもそも、コンデンサーマイクとは、高音質で音源を録音するための高性能マイクです。

高校時代にこのマイクを購入していることから、音楽に対して興味があったこと。

そして、動画配信が主流だったことがわかりますね。

ちなみに高校時代に部活は軽音部です。

そしてシラッと発言されている、50メートル6秒!!!

男子高校生の平均タイムは7秒89、7秒31ですので、平均より速いことが分かっています!

また、高校時代にはこんなエピソードも

作曲していることを隠し、騒音を心配するおばあちゃんに

「模様替えしてる」

と言った心があたたかくなるエピソードも!

秋山黄色の初配信シングル!

こちらは、高校時代に秋山黄色さんが初配信したシングル「やさぐれカイド」

2017年12月からライブ活動を始めていた秋山黄色さん。

やさぐれカイドの配信は2018年8月ですので、中退した後の作品かもしれませんね。

秋山黄色の顔画像は?

顔出しはしない秋山黄色さんですが、前髪で顔を隠し、謎につつまれているからこそ気になる!!

そんな方も多いハズ!

秋山黄色さんのMVや過去のライブ映像から、素顔か少し見える画像を発見しました!

また、秋山黄色さんがMステで顔出し&鼻をかむ姿もトレンド入りするぐらい話題になりました。

秋山黄色の高校は宇都宮市のどこ?中退した専門学校も調査!まとめ

秋山黄色さんの高校や中学・小学校を調査しました。

残念ながら、詳しい情報までは不明で、素顔などまだまだ謎の多い方ということがわかりました。

昨今は素顔がを明かさない、曲で勝負している人が多いですね。

今後の秋山黄色さんに大注目です!

-歌手

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5