スポーツ

響龍(天野光稀)の落ちた動画がヤバすぎる!勝ち名乗り中は放置されていた!

響龍(天野光稀)のすくい投げ動画がヤバすぎる!勝ち名乗り中は放置されていた!

スポンサーリンク

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀)が2021年4月28日、急性呼吸不全のため亡くなったことが判明しました。

2021年3月26の取組で投げられ、倒れたあと「勝ち名乗り」の間は放置され、約6分後に運ばれた模様。

その時の動画が出回り、ネットでは大炎上しています。

響龍が死去

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀)が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。28歳だった。日本相撲協会が29日、発表した。

春場所13日目、3月26日の取組で投げられた際、首付近から落ちた。

うつぶせのまま、土俵上で動けず、たんかに乗せられ、救急搬送された。頸椎(けいつい)損傷の疑いで意識はあるが、首から下が動かない状態となり闘病していた。

その時の動画が話題になっています。

響龍(天野光稀)のすくい投げ動画がヤバすぎる!

響龍(天野光稀)はなぜ1分も放置された?

ネットニュースを見ていると、

響龍さんは3月の春場所13日目の取組で、すくい投げを食った際に頭から落ちた。

意識はあったがうつぶせ状態のまま立つことができず、倒れてから約1分後に、呼び出し3人があおむけにした。

審判の親方衆や医師らが容体をうかがうなどし、倒れてから約6分後に担架に乗せられて土俵を降り、都内の病院に救急搬送されていた。響龍さんは救急搬送された際、協会関係者に体のしびれを訴えていた。

  • 倒れてから約1分後に、呼び出し
  • 倒れてから約6分後に担架に乗せられて土俵を降りる

と書いてあります。

なぜ、約1分の間も放置されてしまったのでしょうか。

その原因は、コメントに書かれていました。

「勝ち名乗り」放置されていたことが判明

yahooコメントに

  • 土俵上で倒れて動けない中、相手の力士が行司から勝ち名乗りを受けている光景が、あまり異様だったのが印象に残っています。
  • 響龍さんが土俵上で倒れているときに、
    勝ち名乗りをやってた光景を思い出しただけで、非常に憤りを感じます。
  • 救護もせずに勝ち名乗りあげてた、あの取り組みで土俵に倒れていた方ですね

頭を強打したにも関わらず、「勝ち名乗り」のために土俵に放置されていたことが判明しました!

取組していたのは今福!

響龍と取組をしていた力士は

今福順也

ということが分かっています。

響龍と取組してた力士は誰?

  • 本名:今福順也
  • 生年月日:平成2年10月23日
  • 出身地:京都府
  • 身長:175cm
  • 体重:113,9kg
  • 所属部屋:二所ノ関

ネットの声

響龍(天野光稀)が落ちた動画がヤバすぎる!まとめ

響龍さんのあまりにも早い訃報に、ただただ悲しみが募るばかり。

ご冥福をお祈りします。

-スポーツ

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5