時事

藤井聡太が留年が原因で自主退学?!留年の可能性を調査!

藤井聡太が留年しそうで自主退学?!留年の可能性を調査!

藤井聡太二冠が、2021年2月16日在学していた名古屋大教育部付属高校を1月に自主退学していたことを発表しました。

あと2ヶ月で卒業なのに?!

留年の可能性があったの?

などの声がありました。

ネットの反応を見てみましょう。

 

藤井聡太二冠が高校を自主退学

藤井二冠は、連盟を通じ

「タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました。秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」とコメントした。

藤井聡太さんが通っていた高校は、名古屋大教育学部付属高(名古屋市)です。

留年が原因だった?

藤井聡太二冠が自主退学したとの報道に、留年する可能性があったのでは?との声がありました。

学業をしながら、将棋界でプロとして活動している藤井聡太さん。

時間は限られている中で、たとえ成績が良かったとしても授業日数が足りないとなれば、留年になってしまいます。

試合と重なれば、授業を休まざる得ないときが多かったのでないでしょうか。

自主退学にネットの声は?

藤井聡太が留年しそうで自主退学?!留年の可能性を調査!まとめ

藤井聡太さんが自主退学したのは、留年が原因だったのか。

ネットの声をまとめました。

今後の活躍がとても楽しみですね!

-時事

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5