ジャニーズ

ジャニーズJr.22歳までにデビューしないとクビ?!強制的に対処の可能性もあるのか調査!

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所が、2023年3月31日から「ジャニーズJr.に22歳で活動終了制度」を設けることを発表しました。

今回の発表に、ネットでは

「22歳でデビューしていないと強制対処?」

 

などの声が聞こえてきました。

ジャニーズJr.22歳までにデビューしないとクビ?!

ジャニーズJr.22歳でデビューしないとクビ?!強制的に対処の可能性もあるのか調査! ジャニーズJr.22歳でデビューしないとクビ?!強制的に対処の可能性もあるのか調査!

内容を簡単に説明すると

  • 恵まれた環境の上、Jrが適正な進路を決めれない
  • そのため、満22歳で事務所との合意がなければ活動終了
  • 準備期間を経て、2023年3月31日から適用
  • 22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人とはジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所と合意している

という内容でした。

結論として、満22歳の段階で、事務所としてある程度活動実績や、今度のビジョンが見えていない場合は、退所して別の道へ歩む。

ということでしょうか。

たしかに、ジャニーズに入れば必ずトップアイドルになれるという確証はなく、それならば早めに次の道へ進みたい人は次に進めるようにとジャニーズ側の配慮なのでしょう。

強制的に退所の可能性は?

文面を見る限りでは、

この新たな年齢制限に関わる制度を導入したことにより、不本意ながらジャニーズJr.としての活動を継続することがかなわないメンバーが出てくる可能性がありますが、いずれにしましても『ジャニーズJr.に在籍してよかった』と思っていただけるような時間を共に過ごしてまいりたいと考えております

とかいてありますので、事務所側は

円満退社を望んでいるということですね。

制度の不明な点は?

ジャニーズJr.22歳でデビューしないとクビ?!強制的に対処の可能性もあるのか調査!

ジャニーズJr.の活動終了制度の不明な点としてネットに上がっていたのは

  • 本人が望めば、22歳以上でも継続可能なのか
  • 継続できる実績のラインはどこなのか

という声が多数ありました。

応援しているジャニーズJr.が、メジャーデビューし、その活動をずっと見守っていけることが、ジャニーズファンとしての一番の楽しみとも言えますので、推しているジャニーズJr.が、突然退所となると、ファンのショックも大きいはずです。

ネットの反応は?

ジャニーズJr.22歳でデビューしないとクビ?!強制的に対処の可能性もあるのか調査!まとめ

事務所の発表は、細かい内容でしたがまだまだ疑問な点は多くありましたね。

今後、ジャニーズJr.入る人・活動終了する人すべてが素敵な人生の選択が出来る場所であってほしいですね。

-ジャニーズ

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5