政治

小池百合子入院の本当の理由がヤバい?入院先はどこか調査!

小池百合子入院の本当の理由がヤバい?入院先はどこか調査!

東京都の小池百合子都知事が、6月の検査入院以降10月にも過労で入院することが公表されました。

短期間での入院が続いていることに心配の声が上がっています。

入院先の病院も一体どこなのでしょうか。

小池百合子が過労で入院

 東京都は27日、小池百合子知事が過度の疲労のため入院した、と発表した。1週間程度の静養が必要としている。その間、武市敬副知事が代理を務める。小池氏は6月22日にも入院し、1週間程度静養していた。

引用:yahooニュース

2021年6月にも検査入院をしていた小池百合子氏。

どこか悪いのではないか?とネットでは心配の声が上がっています。

小池百合子入院の本当の理由は?

公表された内容には、過度の疲労と言われています。

  • 思考力の低下
  • 行動量の低下
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛

などが挙げれますが、

体が疲れが主の「末梢性疲労」と
脳の疲れの「中枢性疲労」

この両方に小池百合子は陥っているのではないかと考えられます。

小池百合子は持病持ち?

小池百合子氏は

1997年:当時45歳の頃に盲腸の手術

1998年:当時46歳のころに子宮全摘手術

と2年連続で手術を受けています。

特に子宮全摘手術は、その後のひどい貧血と下腹部の激しい痛みの日々だったのに「女だからと甘えたくない」と無理していたそうです。

その時からの蓄積された疲労が溜まっているのかもしれません。

小池百合子の入院先の病院は?

小池百合子氏の入院先の病院は公表されていませんが、政治家御用達の病院として

  • 虎の門病院
  • 聖路加国病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 東京女子医科大学病院

が挙げられます。

小池百合子入院の本当の理由がヤバい?入院先はどこか調査!まとめ

小池百合子氏の入院の本当の理由は、40代のころからの盲腸・子宮全摘手術からの回復が十分でなかったのではないか?ということを紹介しました。

 

ザックス

-政治

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5