時事

倉持麟太郎弁護士の元嫁が自殺?!妻への脅迫や児童虐待の内容がエグい!

2021年4月27日

倉持麟太郎弁護士の元嫁が自殺!妻への脅迫や児童虐待の内容がエグい!

山尾志桜里さんと弁護士の倉持麟太郎は、ダブル不倫で話題となっていましたね。

倉持麟太郎さんの元嫁がなんと自殺していたことが判明しました。

詳しく調査してみると、病気を抱えていた元妻は親権が取れず倉持麟太郎さんが親権を持っていましたが、

元嫁に対し

児童虐待、脅迫などもしていたことが判明。

もし、これが本当であれば殺したと言っても過言ではないとネットでは炎上しています。

倉持麟太郎の元嫁(妻)が自殺!?

倉持麟太郎弁護士の元嫁が自殺!妻への脅迫や児童虐待の内容がエグい!         引用:Twitter

詳しい情報は入っていませんが、

山尾志桜里議員と不倫していた倉持麟太郎さんの元妻は、

  • 不倫され
  • 親権をとられ
  • 脅迫され

その結果、自殺してしまったということ。

未だ信憑性が低いため、本当に亡くなってしまったかというのは謎のままです。

元嫁(妻)に脅迫や児童虐待していた?

倉持弁護士が、元妻さんへの行った対応が酷すぎてヤバいとも話題になっています。

山尾志桜里さんの不倫相手の倉持麟太郎さんは、元嫁に対して一体何をしていたのでしょうか。

児童虐待

日刊スポーツでは

A子さんは昨年8月に左脳大脳動脈狭窄症を患い、不倫疑惑騒動当時は療養中だったという。

そんな中、倉持氏から切り出され、同11月に離婚。

現在2歳だという子どもの親権は倉持氏に渡ったが、

「病気の治療中であったことと、その治療にともない仕事を休んでいたので、どうやって息子を育てていけばいいのかというのを考えてしまった」

と理由を明かし、現在では「なんてことをしてしまったんだろう。何でここに息子がいなくて私は1人なんだろうと、それこそ胸が張り裂けそうでした」と後悔していると語った。

 離婚時の取り決めでは週末に3日間、子どもへの面会が許可されていたが、突然、倉持氏から拒否されたという。

「『取材を受けたら子どもには会わせない』と言われていたんですけど、それが実際、現実になってしまった」とし、倉持氏とは連絡も取れない状況であると語った。

引用:日刊スポーツ(2018)

元嫁さんは、

左脳大脳動脈狭窄症を患っていたため、親権を倉持麟太郎弁護士に渡しています。

そして、週末に面会を約束されているのに関わらず、

子供との面会を拒否

子供が母親に会いたい気持ちを無視しているということになります。

「息子に会わせてほしいし、息子から母親を奪わないであげてほしい。私との別れ際にいつも、『嫌だ、帰らない』と泣いていた息子の心が心配」

引用:https://www.nishino-law.com/

面会交流を盾に、倉持麟太郎弁護士の要求を呑めといっているようなもの。

ましてや、子供が母親に会いたいといっているのに関わらず会わせないというのは、児童虐待にあてはまるのではないでしょうか。

脅迫

元夫人は「左脳大脳動脈狭窄症」を患い、生活が大変だったこともあり、倉持氏が息子の親権を持った。
 そのため元夫人は週3日、息子と面会して成長を見守ってきた。それが突然、倉持氏から面会を拒否された。

  原因は22日発売の「週刊文春」に夫人の手記が掲載されたこととみられる。翌23日に元夫人の代理人弁護士の事務所宛てに、

倉持氏から「マスコミ取材に応じたことを理由に、今後の面会交流は差し控えざるを得ません」とする内容のファクスが届いた。

 元夫人と直接連絡を取り合うことも拒否したという。

引用:https://www.nishino-law.com/

「マスコミ取材に応じたことを理由に、今後の面会交流は差し控えざるを得ません」

と元妻を脅迫し、今後子供と面会したのであれば、マスコミの取材に答えるなと言っているように取れます。

ネットの声

元嫁の顔画像や名前、病気についても調査しました。

倉持麟太郎弁護士の元嫁(妻)の顔画像や名前は何?!病気を抱えて親権を取れなったのは本当なのか?

倉持麟太郎弁護士の2021年の顔画像はこちら

倉持麟太郎の元嫁(妻)が自殺!脅迫や児童虐待まとめ

山尾志桜里さんの不倫相手、倉持麟太郎さんの元嫁が自殺していたこと、また倉持麟太郎弁護士が元妻にした児童虐待や脅迫について調査しました。

今後、詳しい情報が入り次第追記していきます。

-時事

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5