時事

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は和合由依!13歳のパフォーマンスに視聴者釘付け!

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け!

2021年8月24日行われてたパラリンピック開会式。

そのパフォーマンスをした女の子に注目が集まっています。

一体車椅子に乗っている少女は誰なのでしょうか。

和合由依(わごうゆい)さんということが判明しました!

パラリンピック開会式の女の子は誰?

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け!

パラリンピックの開会式でパフォーマンスをした少女は誰なのか?と話題になっています。

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け! パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け!

 

女の子のパフォーマンスの高さに、視聴者は釘付け状態!

見た感じ、小学生のように見えますが誰なのかは現在調査中です。

女の子は和合由依で13歳?

パラリンピック開会式の女の子は

和合由依(わごうゆい)さんということが判明!

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け!

先天性の羊膜索症候群(手足の形態異常)、関節拘縮症(関節の動きに制限が見られるなどの症状)による上肢下肢の機能障がいがあり、車いすで生活

左腕も動かない。それ以上に、弾ける笑顔が魅力的な女の子だった。

都内の中学2年生で、生徒会役員、応援団を務め、吹奏楽やミュージカル鑑賞が大好き。オーディションでは楽器演奏や絵画、モノマネを披露した。

演技経験は全くないが、開会式の演出を担当したウォーリー木下氏は「愛らしい表情や強いまなざしで、審査員の満場一致で大役を任せることを決めました」と振り返る。

 オーディションに合格したと知ったときは「ぎゃーーー!と飛び跳ねて、寝ていた妹を起こしてしまいました」と13歳らしい素顔も見せる。

この日のために稽古も重ねた。体調管理のためチョコレートやドライフルーツを補給。

途中、背中の痛みなどに苦しみ涙した時もあったが、本番で見事“片翼の小さな飛行機”を演じていた。

引用:スポニチ

 

なんと演技経験の全くない一般応募の少女だったことが判明!

ネットの声

 

パラリンピック開会式の車椅子の女の子は誰?パフォーマンスに視聴者釘付け!まとめ

パラリンピックの開会式で片翼の少女は誰なのか。

分かり次第追記していきます。

-時事

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5