YouTuber

うごくちゃんはAdo(アド)のファン?!遺作に「うっせえわ」を選んだ理由も調査!

2021年1月16日

スポンサーリンク

ゲーム実況チャンネルで人気の「うごくちゃん」が亡くなり、遺作となった「うっせえわ」を歌ってみたを、所属事務所がYouTubeに投稿。

再生回数が爆伸びし、本家のAdoさんも注目を浴びています。

うごくちゃんはAdo(アド)のファン?!

先日、亡くなったうごくちゃんが、遺族の意向により遺作となった「うごくちゃん」を歌ってみた動画を配信。

歌ってみた、ということですので、この曲には本家本元の歌手がいます。

その方がAdo(アド)さん。

東京都出身、2002年10月24日生まれの18歳!(2021年)

2020年10月23日の17歳最後の日に、ユニバーサルミュージックからデビューしています。

「うっせえわ」をAdo自身のYouTubeチャンネルから公開されたMVは

2020年11月14日時点で再生回数2,000万回達成!

気になるうごくちゃんとAdoさんの関係ですが、Twitterなどを見ても、うごくちゃんとAdoさんが交流している様子は伺えなかったので、

うごくちゃんがAdoさんのファンだったのではないかと思われます。

「うっせえわ」を選んだ理由も調査!

うごくちゃんは、なぜ「うっせえわ」を歌ってみたのでしょうか。

ここからは、想像となりますが、歌詞の中に

  • 気づいたら大人になっていた
  • 社会人の当然のルールはうっせえわ
  • 頭の出来が違うので問題はなし
  • 不明不満の成れの果て

など、社会に対しての不平不満、おかしな常識について思いのままぶつけて歌っています。

生き苦しさを感じていたうごくちゃんにとって、心に響く歌詞だったのではないでしょうか。

ネットの声

【うごくちゃんの関連記事】

うごくちゃんはAdo(アド)のファン?!遺作に「うっせえわ」を選んだ理由も調査!まとめ

うごくちゃんの遺作となった「うっせえわ」を歌ってみた。はぐんぐん視聴回数が伸びています。Adoさんの真っ直ぐな歌い方に、心打たれる方も多いのではないでしょうか。

-YouTuber

© 2021 トピblo Powered by AFFINGER5