芸能

篠原涼子と市村正親の馴れ初めは「ハムレット」!年齢差25歳に父親は反対していた?!

2020年5月9日

スポンサーリンク

芸能界一のおしどり夫婦と言われている市村正親さんと篠原涼子さん。

年齢差25歳差の年の差カップル。
篠原涼子さんが市村正親さんに猛アタックの末に略奪結婚したと言われていますよね。

今回は、市村正親さん篠原涼子さんの出会いのきっかけや

 

反対していた篠原さんの父親を、どう説得したのかを調べました。

 

 

篠原涼子と市村正樹の馴れ初めは「ハムレット」

篠原涼子さんと市村正親さんの出会いは

2001年に公開された、蜷川幸雄さんの舞台「ハムレット」です。

 

ハムレット 篠原涼子 市村正親

市村正親さんがハムレット役、篠原涼子さんが恋人のオファーリア役を演じていました。

 

 

 

当時、

市村正親さん52歳、

篠原涼子さん28歳。

 

市村正親さんは劇団四季の看板俳優として、また数多くの場数を踏んでいるベテラン俳優として篠原涼子さんをリード。

 

篠原涼子は初めての舞台作品

当時の篠原涼子さんは女優として活動していましたが、主役などではなく、ゲスト出演や準レギュラー出演などで、大きな役どころは任されていませんでした。

そんな経験の浅い篠原涼子さんにベテランの市村正親さんが丁寧にリードし、舞台が完成しています。

 

初めての舞台挑戦で不安の中、市村正親さんの存在は大きく、魅力的に映っていたのでしょう。

 

なぜなら、

舞台はドラマに比べ、1ヶ月や2ヶ月厳しい稽古や本番までの濃い時間を共有するため、男女の仲が接近しやすいと言われています。

 

共演後篠原涼子さんの猛アタックの末、2人は交際をスタート。

2005年、結婚。という流れです。

 

しかし、市村正親さんは交際スタート時にはまだ既婚者でした。

 

 

 

篠原涼子と市村正親は略奪婚だった?

 

市村正親さんは

1984年に「アンデルセン物語」で八重沢真美さんと共演。

篠原涼子 市村正親 年齢差 馴れ初め

・1984年、劇団四季の女優・八重沢真美さんと結婚。
・1993年、八重沢真美さんは劇団四季を退団。
2001年 篠原涼子さんと出会う
・2002年に別居報道。
・2003年5月、離婚成立。
 同年、八重沢真美さんは劇団四季に再入団。
・2005年、篠原涼子と結婚。

こうしてみると、篠原涼子さんが市村正親さんを略奪したように見えますね。

たとえそれ以前に家庭が崩壊していたかもしれませんが、篠原涼子さんの存在が大きかったことが分かります。

 

 

 

 

離婚原因は市村正親の女性問題

 

市村正親さんは2002年の別居報道では

「妻が十数年ぶりに劇団四季の舞台に復帰するために仕事を優先するため。」

と話していますが、

 

妻の八重沢真美さんは、常に市村正親さんの女性関係に悩まされていたようです。

 

2人の間に子供がいないのも、

 

いつか独身にもどる予感がして、子供も作らなかった。

 

と八重沢真美さんが語っていたほど。

 

市村正親さんは若い頃、かなりのプレイボーイだったようで、共演者のみならず、至るところでモテモテだったようです。

 

市村正親 結婚 略奪

 

 

 

 

 

篠原涼子と市村正親の年の差は25歳差!

篠原涼子さんは1973年生まれの47歳(2020年5月)。

市村正親さんは1949年生まれの71歳(2020年5月)。

年齢差25歳に父親は反対していた?!

篠原涼子さんの母親は2歳の頃に交通事故で亡くなっています。

その後、父親が男で1つで篠原さん含む、子供3人を育て上げます。

 

父親は、2003年以降に病気を患い、体調も良くなかったそうです。

そこに、愛娘が自分と年齢の変わらない男性を連れてきたので、当然父親は大反対!!

 

それにめげず、市村正親さんは足しげく篠原さんの父親の所まで足を運び、頭を下げ続けます。

 

結果的に

  • 孫の顔を早くみせる
  • 涼子と生涯をともにする

という条件のもと、結婚が許されました。

 

この時点で篠原さんの父親の状態が良くなかったので、

 

「孫の顔を見るまでは。。。」

 

と想いを寄せていたのかもしれませんね。

 

 

2005年に晴れて結婚

2005年、篠原涼子さんと市村正親さんは、婚姻届を提出。

 

篠原さんの父親が、闘病生活を余儀なくされるほど体調が悪化。

そのため、結婚式はこの時点で行っていません。

 

2008年に長男を出産

結婚から2年半後の2008年5月10日に篠原涼子は

長男出産。

そのときの市村正親さんの言葉。

 

君に会うために59年間待っていたんだよ。

 

59歳でやっと出会えた我が子。喜びは計り知れないですよね。

 

市村正親さんの母親も孫が産まれることを願っていたので、両家にとって大変うれしい出来事でした。

 

 

2010年 結婚式

2010年、

篠原さんの故郷である群馬県内のチャペル付き会場を貸し切って、親族50人を招いた食事会を開きました。

 

食事会では、病院に入院中の父親が一時退院の許可をもらい参列。

 

篠原涼子さんのウエディングドレス姿に涙を流し、体力を振り絞って最後まで見届けました。

 

この食事会の3日後、篠原涼子さんのお父さんは息を引き取りました。

 

その後、篠原涼子さんは2012年に次男を出産しています。

 

 

まとめ

篠原涼子さんと市村正親さんの出会いのきっかけは

舞台「ハムレット」

篠原涼子さんの猛アタックにより交際開始。

 

篠原さんの父親から2つの約束を守ることを誓い結婚。

 

時系列では略奪婚になっていまいますが、今や芸能界屈指のおしどり夫婦。

 

そんなお二人の活躍がこれからも楽しみですね!!

 

 

 

 

-芸能

© 2020 トピblo Powered by AFFINGER5